プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

村上康成氏講演会

昨日、県立図書館で、村上康成氏の講演会がありました。
地元の高陽建設という会社の創業50周年記念企画、
子どもたちの未来のために・・・ 育むことを学ぶ・楽しむ!
の第一弾でした。
たっぷり2時間の予定。

まずは、村上氏ご自身の幼少時代から絵本作家になるまで
の経緯を話して下さいました。
岐阜県のご出身で、子どもの頃は年中”川”で遊んでいた
そうです。真冬の川に魚すくいに行って流された経験も。
高校時代は軟式野球球児でキャッチャーを。県大会決勝で
肩を壊して負けた悔しい思い出もあるそうです。
野球が出来なくなり、美術部へ。美大を目指しデッサン塾に。
浪人中に、『のらいぬ』に出会い衝撃をうけ、
絵本作家になろうと決意されたそうです。
ところが、いざ大学に入るとヨット部にはまり、結局中退。
その後、デザイン事務所や出版関係での仕事を経て、
1983年『ピンク、ぺっこん』で絵本作家デビュー。
ブレイクしたのは、中川ひろたかさんと組んだ、
さつまのおいも』以降だそうです。

1時間程経過し、ここからスライド登場。
最新作、『たちねぶたくん』の読み聞かせ。
こちらも中川ひろたかさんとの合作。
ナンセンス絵本。ご本人いわく”あさい”。
続けて、『かっぱが ついてる』の読み聞かせ。
なんと、会場に原画も展示されていました。
”もっと川で遊んでよ”という気持ちで作ったそうです。

この後、大好きな「釣り」のお話へ(スライドにて)。
村上氏は、いっそうイキイキと語っていらっしゃいました。
ワカサギ、イトウ、ヤマメ→サクラマス、イワナ→アメマス、
ヒメマス、キングサーモン(カナダにて)、
ゴールデントラウド(アメリカにて)、
スチールヘッド(カナダにて)
(魚の名前は間違っているかも知れませんm(_ _)m)

再び、スライド使っての読み聞かせに。
くじらのバース
主人公”ナリン”はご自身のお名前から。
”バース”は、birthから。
星空の場面には、UFOがどこかに。
石のきもち』この絵本の星空にもUFOが。
イルカの風』バリ島で絵本を作る企画で生まれました。

最後に、ウクレレ生演奏で生歌を。
CD「イルカの風
しぶい、いいお声でした。

2時間があっという間でした。つまる所、
”毛穴”で自然を感じて欲しいとのこと。

おまけ;『この本読んで!36号 2010年秋号』に
『ある秋の森の石』という短編絵本が。

ご本人の読み聞かせに歌に、その上原画まで見れて、
大満足の講演会でした。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-08-23 22:35 | 絵本・講演会 | Comments(0)