プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

船木誠勝の『真実』

久しぶりに暴露本を読んだ。
閉店セール中の古本屋でたまたま見つけて買ったのだ。

船木自身のデビューから引退までの事が詳しく書かれていた。
格闘技の経験なしに新日に入門したとは知らなかった。
ゼロからプロレスを学んだのだ(セメントを含めて)。
そして、プロレスだけでなく、骨法やボクシング・キックボクシン、柔術と様々な格闘技を学び自分のものにしていったようだ。格闘技未経験だったのが逆に良かったのだろう。
パンクラス旗揚げまでの道のり、そして引退をかけたヒクソン戦への流れ。
船木自身は、闘いながらヒクソンに勝てそうと思っていたが、一瞬のスキをつかれ敗れたようだ。(先日のHERO'Sの宇野薫の試合を思い出す)

今、美濃輪選手が「リアルプロレスラー」と呼ばれているが、船木こそ「元祖リアルプロレスラー」だったのだと思った。
[PR]
by ts-1863 | 2005-04-15 12:44 | 格闘技 | Comments(0)