プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

海遊館&USJ&NGK その3

2日目の午後は、NGK(なんばグランド花月)へ。
今回の旅行は、実は、これがメインだったりするわけです。
子どもの頃から、「ホンワカホンワ〜ホンワカホンワカ、ホンワカホンワカワ〜」で始まる吉本新喜劇を、週に1〜2回はTVで見て育ちました。僕の子ども達も同じです。
ですから、生で新喜劇が見れるのが、とっても楽しみだったのです。

ちょっと道に迷いつつも、NGKに到着しました。チケットは2週間前に、コンビニのぴあチケットでゲットしていました。それでも2階席でした。でも着いた時には、当日券は完売しており、前売りを買っといてよかった〜と思いました。夏休み中なので、立ち見が出る程だったのです。
ホールに入るまえから既に、大爆笑の声が外まで聞こえてきます。入る前から、期待が高まります。

いざ入場してみると、桂三枝の出番の真っ最中でした。もうドッカン、ドッカンうけてました。
その後は、漫才が続きました。ケツカッチン(和泉修と相方)、海原やすよ・ともこ、Wヤング、B&B、オール阪神・巨人。大阪人ネタが多かったですが、どれもバカうけでした。(細かい所はネタがかぶらないようにしてました。)チャンバラトリオもありましたが、ハリセンに今ひとつ迫力がなく、残念でした。

休憩をはさんで、ついに新喜劇です。海辺の民宿が舞台で、主役は辻本茂雄で、じいさんとヤクザの二役で、何だか得した気分でした。島木譲二の”パチパチパンチ”、末成由美の”あほちゃ〜うん”、なかやまきんに君の筋肉ネタ、ぜ〜んぶ生で観れて大満足でした。はたいたり、蹴飛ばしたりするシーンでは、全く手加減せず、すごい迫力でした。
また、是非観たいと思いつつ、会場を後にしました。
                              おしまい
[PR]
by ts-1863 | 2005-08-25 17:06 | その他 | Comments(0)