プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『光と影のシンフォニー 藤城清治の世界展』

一昨日の午後、子ども達と一緒に市立美術館へ、『光と影のシンフォニー 藤城清治の世界展』を観に行ってきました。
ちょうど夏休みの間に開かれていて、行こうかどうしようかと思っていたのです。最終日の9/4が迫ってきて、慌てて行った次第です。

でも、行ってよかったです。すばらしかったです。子ども達と一緒になって、「凄い!凄い!」と言いながら観てまわりました。通常の展覧会のように絵が展示されているのではなく、ライトアップされた影絵が展示されていたのです。小さい作品から天井から床まであるような大きな作品までありました。床にはめ込んである作品もありました。幻想的な世界が作り出されていて、まるでテーマパークのアトラクションのような雰囲気だったのです。もちろんアトラクションと比べるなんて失礼な話なのですが、本当にすてきな世界だったのです。

実は、なんとなく影絵は”古くさい”イメージを持っていたのです。ですが、今回実際に展示されている影絵を見て、イメージとは全く違うものでした。写真で見ても美しいですが、本物はそれとは比べ物にならないほどすばらしかったです。是非、本物を見て下さい。
といっても、今回の企画は、当地が最後だったようですので、またの機会をお楽しみに。

P.S  ”ケロヨン”が藤城さんの作品だと、今回初めて知りました。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-03 22:07 | 絵本 | Comments(0)