プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画『チャーリーとチョコレート工場』

11/3の祝日に、娘3人と一緒に、映画『チャーリーとチョコレート工場』を観て来ました。日本語吹き替えではなくて、字幕スーパーでした。小5、小3の長女と次女は、何とか字幕を追えたようですが、小1の末娘は映像だけで観てたようです。それでも十分楽しんでました。2時間があっと言う間でした。
実は、僕らは先に原作を読んでいました。正確には、僕が娘達に、寝る前にベッドで読み聞かせをしてたのです。なので、末娘もストーリーはわかっているので、映像だけでも大丈夫だったのです。

僕自身も、自分の頭の中のイメージと、映画の映像を比べて楽しんでいました。映画の方が、間違い無く、ぶっとんでいました。ストーリー展開も、ちょっとウルウルくる場面もあったりして、評判通りのいい出来ばえだと思いました。

原作のウンパッパ・ルンパッパ人は、かわいい小人の雰囲気でしたが、映画では”小さいオッサン”になっていて笑えました。

原作は40年くらい前に書かれたものですが、わがままな子ども達やTVへの皮肉など、今の時代にもそのまま当てはまります。ロアルド・ダールの才能に、今さらながら感心・感動しました。

[PR]
Commented by minori30 at 2005-11-11 23:52
原作は読んでいませんが、本当におもしろい映画でした。
ウンパルンパは同じおっちゃんがいっぱいで笑えました。
でも、もうちょっとかわいいおっちゃんがよかったな(笑)
by ts-1863 | 2005-11-05 20:58 | 絵本 | Comments(1)