プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

DRAGON GATE キング・オブ・ゲート準々決勝戦

今夜は、CATVのGAORAで、ドラゲーの後楽園ホール大会の生中継を見てた。キング・オブ・ゲートの準々決勝4試合が、主なカードであった。
結果は、以下のとおり。

 ○ CIMA VS 新井健一郎
 ○ 鷹木信悟 VS B.B.ハルク
 ○ 横須賀 享 VS ドラゴン・キッド
 ○ 斉藤 了 VS 望月成晃

準決勝のカードは、

 CIMA VS 横須賀 享
 斉藤 了 VS 鷹木信悟

明日は、スカパーでの放送(ペイ・パー・ビュー)らしい。
これは見れないので、また後日のお楽しみにとっておこう。

それにしても、ドラゲーもだいぶ雰囲気が変わりつつあると思った。
今日の大会の最初の方には、元AAAのメキシカンや、アメリカのROHの若い2人が登場していた。それぞれに、あまり見た事のないトリッキーな技を使っていて、面白かった。しかし、ド肝を抜かれたという程ではなかった。
メキシコの闘龍門に頼らない人材の確保や新人の教育・育成が、これからの課題なのだろう。あんまり、色々まぜ過ぎると、ドラゲーらしさが失われていきそうで、ちょっと心配になった。
[PR]
by ts-1863 | 2005-12-26 22:32 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)