プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

年末に書き忘れていた事2

ビッグ・マウス・ラウド(BML)の旗揚げ第2戦。
CATVでLIVEで観た。
前回より、BMLのやりたい事が、少し伝わってきた気がした。
UWF・リングス・パンクラスのようなスポーツライクな闘いとはまた違った、体を張った、説得力のある闘いの片鱗が見られたと思う。

栗栖のイス攻撃で脳天を割られた臼田が、半ギレでのスリーパーで栗栖を締め落とした。説得力のあるフィニッシュだった。ちょっとゾクッとした。

真霜の蹴りは、評判通りのキレとインパクトがあった。(ただ、彼はK-DOJOの人間だが..)

藤原の世界は”別世界”なので、あれでよしとしよう。

若い2人の外人さんは、BMLよりドラゲー向きではないだろうか?
ただ、もう少しスピードアップが必要だが。

今回の村上は、前回よりは”狂って”いてよかった。フィニッシュも顔面ヒットで文句無し。

柴田は”勢い”以外はいい所無しであった。小島との格の差が歴然である。
単調な技の組み立てを工夫しないと、すぐ行き詰まりそうだ。
そうなると、成瀬の二の舞いである。
[PR]
by ts-1863 | 2006-01-03 09:07 | 格闘技 | Comments(0)