プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

PRIDE 男祭り 2005 頂 -ITADAKI-

昨年と同じく、ほぼ6時間と長い放送時間。
最初の30分はこれまでのまとめ、最後の30分はリピート。
間でも以前の試合を結構はさんでいた。やっぱり、くどい。
 
それはさておき、勝手な試合の感想を。

・金子くんは視聴率に貢献できたのか?
・近藤は、日本人相手ならもっとボコボコにいかないと、これ以上は無理なのでは?
・瀧本はヤバイ事になってしまった。打撃系、寝技系、いずれの相手とも判定決着ばかり。このままでは、第二の”武蔵”になってしまう。もったいない?それとも限界?
・ヒョードルvsズール。試合時間が短すぎて、放送中は見逃してしまった(他局と掛け持ちで観てたので)。あとで、ビデオを見直した。ヒョードルが最後まで本気で殴り続けていたので、説得力のある結果となった。
・桜庭VS美濃輪は、白黒結果がはっきりしたのはよかったが、期待を裏切る地味な展開にガッカリしてしまった。アナウンサーがあり得ないとは言っていたが、ドロップキックが見たかった。
・小川VS吉田。勝負に勝ったのは吉田。しかし、プロとして魅せたのは小川だった。足が折れても試合を続け、試合後のMCでも観客のハートをガッチリつかんでいた。プロレス下手と言われている小川だが、今回は立派な”プロレスラー”だったと思う。吉田はまだアマチュア意識が抜けないようだ。白黒つけるだけではプロ格闘家としては不十分だ。観客を満足させる事を忘れてはいけない(媚びる必要はないが)。
・五味VS桜井は、五味の完勝であった。トーナメントでの川尻との試合の方が死闘であったろう。ただ、あいかわらずMCが下手。少しは言う事考えておけばいいのに。
[PR]
by ts-1863 | 2006-01-03 19:40 | 格闘技 | Comments(0)