プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

BML illusion 4

昨夜、CATVで観た。この連休は格闘技三昧だ。(明日はPRIDE)
前回の3よりは客入りが悪かったようだ。
全カード当日発表がひびいたのか?

ウルティモ・ドラゴンは、左手の調子が悪そうだった。
今までどおり、プロデュースに専念した方がよさそうだ。
MCはさすがにうまっかったが、少なくともBMLに必要な
キャラではなさそう。

石川は相変わらずのバチバチだった。ただ、いつも似たよう
な展開になるので、何か工夫が欲しい。「またどうしても観
たい!」と思わせて欲しい。

ドン荒川は、場を暖めるのはうまかった。”タイム”って・・。
ラストは今一つ説得力に欠けた。
試合をするより、セコンドとして引っ掻き回した方がいいのでは?

カラエフのパワーは凄い!アイアンクロースラムもわかりやすく、
迫力のあるフィニッシュでいい。ただ、動きがノロ過ぎるし、下半
身が弱すぎ。曙とダブるところが・・・。

エンセン井上の試合は、ほとんどスパーリングだった。
原は、試合後のインタビューで自分で言っていたように、潰されて
も潰されても、何度でも這い上がれ!

鈴木みのると佐々木健介が出てくると、会場は一気に盛り上がった。
やはり役者が違う感じだ。村上がいいとこ無しで終わった。
お客さまに華をもたせたのだろう。しかし、健介がインタビューで
言っていたように、それで満足・安心していてはいけない!
観客は、キレた村上が観たいのだから。

柴田VS中嶋は、26歳と18歳の対決。それもメインで。
これは、いい実験だった。
若い2人なので、まずテンポがいい。
ほんとうに流れるような技の攻防がみられた。
昔の新日VS UWFのような殺伐とした雰囲気が無くても、十分魅せて
くれたと思う。フィニッシュのキックはそろそろ工夫がいるかも。
でも、こういう試合なら是非また観たい!!
[PR]
by ts-1863 | 2006-05-05 08:26 | 格闘技 | Comments(0)