プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

長谷川義史さん講演会

今日の午前中に、長谷川義史さんの講演会に行ってきました。
60人程入れる会場に、大人が40人強(男は僕入れて3人)、子どもが
15人程いて、満員でした。

当初は「図画工作育児日記」と題してお話される予定だったようですが、
子どもの参加が思ったより多かったみたいで、急遽子ども向けの内容に変
更されました。こういう機転がきくのが絵本作家さんの凄い所です。

最初は、『うなぎにきいて』という落語を元にしたお話。
実際に紙に絵を即興で描きながら(ホワイトボードに貼った紙に墨で描い
てました)、話をすすめてゆくのです。ほんと、落語を聞いているかのご
とく面白かったです。
続けてもうひとつ、題は不明ですが、何が起きても「めんどくさい、ほっ
とけほっとけ」という親子の話でした。これも爆笑でした。
もちろん子ども達にも大受けです。

それからは、長谷川さんご自身による読み聞かせでした。

まずは、『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』。
これがデビュー作だったのですね。初めて知りました。
主人公の”ぼく”は、長谷川さんの長男がモデルだそうです。

次は、『うん このあかちゃん』(月刊クーヨンの付録だそうです)。
これは、次男が産まれた時の実話だそうです。
子どもさんのためにつけていた”絵日記”を元に作ったそうです。

その次は、『おたすけてんぐ』。しかけえほんでした。
これは幼稚園や保育所の読み聞かせにいいかもと思いました。

続けて、『しってるねん』。大阪弁のお話。
長谷川さんは大阪のご出身だそうで、普通に大阪弁をしゃべっていました。
なので、どんなお話をされても、基本的に面白く聞こえます。

さらに、『じゃがいもポテトくん』(雑誌「ほっぺ」に掲載されたもの)。
これは歌つきで、ウクレレを弾きながら、中川ひろたかさん作の歌を熱唱さ
れました。もう拍手喝采です。

最後に、『いっきょく いきまあす』。カラオケのお話。
次々と歌が出てきますので、またまた熱唱。またまた拍手喝采。

こうしてあっという間に、1時間15分が過ぎました。

やっぱり、絵本作家さんの講演はいいですね。
楽しいし、よりいっそう絵本への親しみが湧きます。
そして、読み聞かせのヒントもいっぱいもらいました。
これからの読み聞かせで、必ず試したいと思います。
[PR]
by ts-1863 | 2006-07-30 21:23 | 絵本・講演会 | Comments(0)