プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロレスって何だ?

以前から気になっていた、悲しきアイアンマンさんお薦めの
プロレスって何だ?』を読んだ。

インタビューか対談の記事構成。巻頭は、小島VSCIMAのドリーム対談。
蝶野、武藤、天龍、高山、浜田文子、上井、ライガー、飛鳥、校長、笹原元GM、高木(DDT)VS登坂(大日本)、斎藤文彦とレスラーorプロレス関係者が続く。

週刊専門誌のインタビューだと、ちょっと嘘臭い感じがしたりして、あまり
読む気がしない。今回の企画は、個々のアングルとか立場を越えて、各個人
の人生としてプロレスを語っているのがいい。本音満載だ。
サブタイトル「暴露本なんてまだまだ浅い!!」に偽りなしの内容だった。

自分の印象に残った所を幾つか。
・CIMAが長州ファンだった(今のファイトスタイルからは想像できない)
・高山のプロレスの入り口は、ファンクスVSブッチャー・シーク(僕も同じ!)
・浜田は小学生の頃、自宅で選手とプロレスごっこしてた(うらやましい〜!)

とにかく、各レスラーのプロレス大好きな思いがビシビシ伝わってくる。
そして、自分が子ども〜少年の頃に、必死でプロレスを観てた時の熱い思いを
思い出させてくれた。同じような気持ちでプロレスを観てた人達が、今メイン
の選手として活躍している事がさらに嬉しい。

新しいプロレスファンには、ピンと来ないかもしれないが、昭和からのファンにはたまらない一冊である。


にほんブログ村 格闘技ブログへ  にほんブログ村 プロレスブログへ
 
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-20 10:42 | プロレス黄金時代 | Comments(0)