プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

トンデモ本の逆襲


先日、古本屋で『トンデモ本の逆襲』をたまたま見つけて買いました。105円だとついつい衝動買いしてしまうのです。

トンデモ本とは、「著者が意図したものとは異なる視点から楽しめる、著者の大ボケや無知・勘違い・妄想などにより、常識とはかけ離れたおかしな内容になってしまった本」だそうです。
分かりやすい例は、UFOやオカルトの本です。

高校生の頃には、「ノストラダムス」等の予言本をよく読んでました。
また、大学生の頃には、「ユダヤがわかれば世界がわかる」なんてのも読んでました。その頃は真に受けて、「そうかー、世界はユダヤが動かしていたんだー。」と思ってました。(^^)ゞ

この本を読んで、アンチオカルトの大槻教授も似た様なものだと初めて知りました。まっとうに反論しているものだと思ってました。(>_<)

この本は10年以上前に書かれたものですが、シリーズ化されて最近も新しいのが出ているようです。(編者の「と学会」HP参照)

もう少し、トンデモ本で楽しめそうです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2008-03-25 17:52 | その他 | Comments(0)