プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

清里で絵本美術館めぐり2

続いて、「黒井健 絵本ハウス」に。
「えほんミュージアム清里」から歩いて数分でした。

「こどもの季」展示ということで、1Fは『おやゆびひめ』の
原画と、『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』も1点づつ。
2Fは、”ころわん”シリーズから、
ころわんが ようい どん!』『よなかの ころわん』の
原画が展示されていました。

白い壁の明るい空間で、黒井健さんの世界に浸れます。
2Fには、読書スペースもあり、原画と絵本を同時に
楽しめます。子ども連れでも安心です。

こちらは、写真撮影OK。
運が良ければ、黒井健さんご本人が在館されている
事もあるようです。残念ながらこの日は不在。


絵本ハウスのすぐそばの、”牧場通り南”バス停から
清里ピクニックバス」に乗り、甲斐大泉方面へ。
(清里駅で乗換え有)

”パノラマの湯”でバスを降り、歩いて5分ほど坂を下って、
絵本の樹美術館」に到着。
本当に”おうち”って感じのアットホームな佇まい。

靴を脱いで上がると、そこには桃太郎の世界が待っていました。
参加型シリーズ第10弾”ももたろうになってみようよ”です。
布でつくられた背景、桃や川魚などの小道具。
奥の部屋は、鬼が島。子ども達が自由に遊べる空間です。

桃太郎・きじ・猿・犬・鬼・おじいさんの衣装もあり、
扮装して記念撮影ができます。(但し部屋全体は撮影禁)

2Fは、西村繁男さんの原画展。
おばけでんしゃ』『おでんざむらい こぶまきのまき
おでんざむらい しらたきのまき』の原画が展示されて
いました。

さらに2Fには、図書室もありました。
うんちの絵本用に、実物のうんちの標本も置いてました。

もう夏休みも最後の最後、その上ここ数日天気が悪かった事
もあってか、幸か不幸かお客は僕1人。

館長の田中裕子さんと、色々とお話させて頂きました。
1人でちょっと恥ずかしかったですが、せっかくなので、
桃太郎・鬼・おじいさんに扮装して、記念撮影もさせてもら
いました。(^^)ゞ

帰りには、小淵沢駅で、田中さんお薦めの「元気甲斐」弁当を
買って食べました。二段重ねの手の混んだもので、噂通り
の美味しい弁当でした。

遠くて行くのは大変でしたが、行って良かったです。
ぜひまた行きたいです。今度は家族で。
小淵沢にも絵本美術館がいくつもあるので、次回は
そちらも訪ねたいですね。いつのことやら・・・。
                    
                     おしまい


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2008-09-03 07:20 | 絵本・美術館 | Comments(0)