プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロレス暴露本1

僕が学生時代のプロレスにまつわる事件の暴露本・真相本が、最近続々と出ている。
去年の秋頃に、たまたま図書館で「倒産!FMW;荒井昌一 著」を見つけて読んだ。
(図書館にこんな本を置いてある事に驚いた。プロレスファンのリクエストか?)
おもしろくって、以下の本を次々読んだ。

「流血の魔術 最強の演技 すべてのプロレスはショーである;ミスター高橋 著」
「プロレス至近距離の真実 レフェリーだけが知っている表と裏;ミスター高橋 著」
「プロレスを創った男たち〜あるTVプロデューサーの告白〜;栗山満男 著」
「プロレススキャンダル事件史ーいま明かされる真相ー:宝島社」
「ドクターストップ!K-1・PRIDEリングドクターだけが知っている真実;中山健児   
 著」(これは結構最近の出来事が多い。)
「新・リングの目撃者 歴史の証人:日本スポーツ出版社」
「格闘技&プロレス迷宮xファイル あの事件はいったい何だったのか?:芸文社」

あと、「ケーフェイ;佐山聡」もだ。これは、当時は前代未聞で大反響だったらしい。が、今となっては暴露の内容はたいしたことない。それよりも、とにかく佐山の怒りが爆発していることだけは良くわかる。
[PR]
by ts-1863 | 2004-08-01 13:42 | 格闘技 | Comments(0)