プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:絵本・美術館( 11 )

昨日、近くの美術館で中・高校生の娘たちと一緒に、
リサとガスパール&ペネロペ展」を観てきました。

”リサとガスパールシリーズ日本語刊行10周年記念”
の企画という事でした。

絵本の原画だけでなく、下書きや手帳へのスケッチ等
も展示されていました。
作者のゲオルグ・ハレンスレーベンとアン・グットマン夫妻
のインタビュー映像も流されていて、大人も楽しめる内容
でした。

まだ観てない方は、お近くで開催されれば是非どうぞ。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2011-09-24 08:16 | 絵本・美術館 | Comments(0)
先月末に福岡に出張した際に、ちょっと足を伸ばして、
長崎の「祈りの丘 絵本美術館」に行ってきました。

あの有名な「グラバー園」へ向かう坂の途中にあります。

1Fは、絵本専門店「童話館」。2F・3Fが絵本美術館。

2Fは、長谷川集平さんのタブロー画展開催中でした。
長谷川さんは長崎在住。長崎での作品が展示されてました。
また同時に、太田大八さんの原画展も。作品は『天人女房』。
”天の羽衣”と”たなばた”を合わせたようなお話。
太田さんの絵はいいですね。何だかホッとします。

3Fは、大道あやさんの常設展。
ねこのごんごん』の原画。
日本画の大作「びわの木の下」「めしどき」も。
迫力があり、またどこか可愛らしい動物たちの絵に
見入ってしまいました。

3Fには、くつろいで絵本が読めるスペースや、講習会等
に使用出来る集いのコーナーもあります。

観光スポットのド真ん中にあるので、1Fの童話館には
途切れなくお客さんが来ていました。
皆さんも長崎に行った際には、ぜひお立ち寄り下さい。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-02 07:08 | 絵本・美術館 | Comments(0)
前回からのつづき
翌朝は、ホテルの最上階の中華レストランで朝食。
(食べたのは和食でしたけど・・)
お料理も美味しかったですが、それよりもそこから
見える景色が最高でした。南アルプスの山々と
富士山を眺めながらの食事。ここまで来てよかった
と、つくづく思いました。

その日の午前中は、長野県在住の知合いの方が、
朝早くからお迎えにきて下さり、小淵沢を案内
して頂きました。

まずは、前回時間の都合で行けなかった、
薮内正幸美術館」へ。
駅から結構離れた静かな林の中にありました。
開館時間より少し早めに着いたのですが、心良く
入館させてくれました。
今は、”鳥”の絵が展示されています。
中には、薮内さんが中・高校生の頃のスケッチも
展示されていました。学生が描いたとは思えない
素晴らしいスケッチでした。
こちらでも、他に観覧者がいなかったので、館長
さんから色々とお話を聞かせてもらいました。
(薮内さんご自身は10年前に亡くなられています
ので、今の館長は息子さんなのです。)
絵本は何冊か持っているので、美術館発行の
『ヤブさん 薮内正幸・動物画に生きた六十年』
『薮内正幸スケッチ画集』を買って帰りました。
こちらで購入可能ですよ

少し時間に余裕があったので、 ”リゾナーレ
でおいしい紅茶を頂いてから、小淵沢駅まで
送ってもらいました。 

駅で、また「元気甲斐」弁当を買って、
JRにて帰途につきました。

ほんと、お天気に恵まれ(暑いぐらいでしたが)、
素晴らしい景色と美術館を堪能し、懐かしい人との
再会、また新しい出会いもあり、充実した2日間で
した。「必ずまた来ます!」と約束してきたので、
ぜひまた行きたいと思います。
                   おしまい


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-07-22 06:53 | 絵本・美術館 | Comments(0)
7/18・19の連休に、八ヶ岳の麓まで行ってきました。
小6の三女と、父娘二人旅でした。

JRで、在来線→快速→新幹線→特急→在来線と乗継いで、
片道7時間程かけての予定でした。
ところが、出発して30分程でトラブル発生。JRで事故が
あり、乗る予定の快速が1時間は遅れるとのこと。
急いで「みどりの窓口」に行き、新幹線に間に合う別便に
振りかえてもらい、別の駅までタクシーをとばしました。
何とか間に合い、無事新幹線にも乗れましたが、その後も
乗換えの度に、なぜか少しずつ遅れて、駅内でダッシュの
連続。結局、予定より30分程遅れて、目的地に着きました。

前置きが長くなりましたが、今回の一番の目的は、
絵本の樹美術館」の訪問でした。
2年前に初めて訪れたのですが(前回の訪問記)、
今年限りで閉館されるとの事で、どうしてももう一度
行っておきたかったのです。

1Fの参加型シリーズは最終回”さるかに合戦”でした。
娘と二人で、猿やカニ、栗に臼に蜂にウンチにと仮装
して、たっぷり記念撮影。

2Fは原画展。「ヨシタケシンスケ イラスト展」でした。
子ども・大人』の原画や、雑誌連載などの
イラストもありました。面白い作品が多かったです。

たまたま他に観覧者がいなかったので、館長の田中裕子
さんと色々とお話させて頂きました。

また、今回はとてもいいお天気だったので、2年前には
見れなかった富士山が、バッチリ見れました。娘は、
初めて本物の富士山を見たといって、感激しきりでした。

2時間程たっぷりとお邪魔して、ホテルのある小淵沢へ。
スパティオ小淵沢」で1泊しました。
温泉につかって、美味しいおソバを食べて、熟睡。

                      つづく


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-07-21 07:12 | 絵本・美術館 | Comments(0)
前回の続きです。
今度は、坂を下って20分程で、今回のメインである、
安曇野ちひろ美術館」へ。

こちらには、5つの展示室があり、順番に見て回りました。
 1. ちひろの仕事
 2. ちひろの人生
 3.4.世界の絵本画家
 5. 絵本の歴史

僕は、真赤なおひさまが電話をかけている原画に、なぜか
目を奪われました。『もしもし おでんわ』の一場面です。

美術館の周りは、「安曇野ちひろ公園」になっていました。
数字をモチーフにしたオブジェのある”パツォウスカーの庭”や、
ラベンダーが咲き誇っている”大花壇”があります。

ひととおり見て、お腹がすいたので、館内のカフェへ。
そば粉のおやき(野沢菜&切干大根)、苺のババロア、そして
アイスレモンティーを、屋外のテラスで頂きました。
(変な組合せで、ごめんなさい。食べてみたかった物を注文
 したら、この組合せに・・(^^)ゞ。
 メニューには、洋の食事や、和のデザートもありますので
 ご安心を。)

食後は、中庭のデッキチェアーで、しばしお昼寝。
気がつけば、館内でたっぷり2時間過ごしていました。

ミュージアムショップで『もしもし おでんわ』、ポストカード、
「絵本の歩み 安曇野ちひろ美術館 歴史展示室ガイド」をお土産
に買いました。


美術館をあとにして、なだらかな坂を下りつつ30分程で穂高駅に
無事に到着しました。
ひつじ屋さんで、サービスのスイカジュースを頂き、喉を潤しま
した。3時間以上のレンタサイクルでサービスしてくれます。
生ジュースですので、スイカの甘みがぎゅーと詰まっていますよ。


いやー、今年も贅沢な一日を過ごす事ができました。
マイナスイオンもいっぱい浴びて、次の日から頑張る元気が湧いて
きました。

皆さんも、ぜひ一度、訪れてみて下さい。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-09-02 09:27 | 絵本・美術館 | Comments(0)
先週、東京方面に出張の際、その前日に休みをとって、
長野県の安曇野に行ってきました。

穂高駅前のひつじ屋さんで、電動自転車を
レンタルして、いざ出発!

初めての電動自転車でしたが、とっても快適でした。
こぎ始めが特に楽でした。後から誰かに押してもらってる
感じでした。


駅から緩やかに坂を登りつつ20分程で、まずは「森のおうち」へ。
「いせひでこ絵本原画展」が開催中でした。
にいさん』『大きな木のような人』の原画が
展示されていました。

僕は、特に『にいさん』の2つの原画に感動しました。
1つは、黄色い麦畑。絵本よりも鮮やかな黄色に、思わず
目を奪われました。
もう1つは、二人が畑の中で、強い風に吹かれている場面。
一瞬、風が見えた気がして、鳥肌が立ちました。
じっくりと原画を眺め、汗が引いたところで、次へ。


次は、「森のおうち」から自転車で数分の『安曇野絵本館』へ。
こちらでは、「和田誠 絵・本・館」と題した原画展が開催中。

中・高校生の頃、よく星新一さんの本を読んでいました。
その本の挿し絵で和田誠さんが描かれたものが結構あり、
気に入っていました。
思いがけず原画を見る事ができて、ラッキーでした。

こちらは、入館料にドリンクサービスが含まれています。
屋外のテラスで葡萄ジュースをおいしく頂きました。

                        つづく


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-08-31 19:11 | 絵本・美術館 | Comments(0)
昨日、『MOE8月号』を買いました。
巻頭大特集は、”絵本美術館のある旅”です。

きれいな写真入りで紹介されていて、どこも
行きたくなってしまいます。
巻頭だけでなく、永久保存版Book in Bookで、
全国36館も紹介されています。

これまでに、
安野光雅美術館」(レポートはこちら
「えほんミュージアム清里」(昨年記事こちら
「黒井健 絵本ハウス」「絵本の樹美術館」
昨年のレポートはこちら
は、行きました。

今年は、安曇野方面へ行く予定です。
う〜ん、あと1ヵ月半、待ち遠しいです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-07-06 07:26 | 絵本・美術館 | Comments(0)
今日の午後は、仕事が休みだったので、金刀比羅宮に行ってきました。
地元なのですが、お参りするのは20年ぶりぐらいでした。
実は、お参りはついでで、「安野光雅展『風景と出会い』」を鑑賞
するのが目的だったのです。

『パトス』という雑誌の表紙絵を集めた展覧会でした。
ヨーロッパや中国の風景画が40点程展示されていました。

会場が、参道階段の中腹あたりだったので、ちょうどいい休憩時間に
もなりました。汗がひくまで、ゆっくりと絵を眺めていました。

あ〜、また津和野の「安野光雅美術館」に行きたくなりました。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-04-30 19:28 | 絵本・美術館 | Comments(0)
続いて、「黒井健 絵本ハウス」に。
「えほんミュージアム清里」から歩いて数分でした。

「こどもの季」展示ということで、1Fは『おやゆびひめ』の
原画と、『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』も1点づつ。
2Fは、”ころわん”シリーズから、
ころわんが ようい どん!』『よなかの ころわん』の
原画が展示されていました。

白い壁の明るい空間で、黒井健さんの世界に浸れます。
2Fには、読書スペースもあり、原画と絵本を同時に
楽しめます。子ども連れでも安心です。

こちらは、写真撮影OK。
運が良ければ、黒井健さんご本人が在館されている
事もあるようです。残念ながらこの日は不在。


絵本ハウスのすぐそばの、”牧場通り南”バス停から
清里ピクニックバス」に乗り、甲斐大泉方面へ。
(清里駅で乗換え有)

”パノラマの湯”でバスを降り、歩いて5分ほど坂を下って、
絵本の樹美術館」に到着。
本当に”おうち”って感じのアットホームな佇まい。

靴を脱いで上がると、そこには桃太郎の世界が待っていました。
参加型シリーズ第10弾”ももたろうになってみようよ”です。
布でつくられた背景、桃や川魚などの小道具。
奥の部屋は、鬼が島。子ども達が自由に遊べる空間です。

桃太郎・きじ・猿・犬・鬼・おじいさんの衣装もあり、
扮装して記念撮影ができます。(但し部屋全体は撮影禁)

2Fは、西村繁男さんの原画展。
おばけでんしゃ』『おでんざむらい こぶまきのまき
おでんざむらい しらたきのまき』の原画が展示されて
いました。

さらに2Fには、図書室もありました。
うんちの絵本用に、実物のうんちの標本も置いてました。

もう夏休みも最後の最後、その上ここ数日天気が悪かった事
もあってか、幸か不幸かお客は僕1人。

館長の田中裕子さんと、色々とお話させて頂きました。
1人でちょっと恥ずかしかったですが、せっかくなので、
桃太郎・鬼・おじいさんに扮装して、記念撮影もさせてもら
いました。(^^)ゞ

帰りには、小淵沢駅で、田中さんお薦めの「元気甲斐」弁当を
買って食べました。二段重ねの手の混んだもので、噂通り
の美味しい弁当でした。

遠くて行くのは大変でしたが、行って良かったです。
ぜひまた行きたいです。今度は家族で。
小淵沢にも絵本美術館がいくつもあるので、次回は
そちらも訪ねたいですね。いつのことやら・・・。
                    
                     おしまい


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2008-09-03 07:20 | 絵本・美術館 | Comments(0)
名古屋出張にかこつけて、清里まで足をのばして、念願の
絵本美術館めぐりをしてきました。\(^o^)/

出発の日は東海地方で大雨。途中で新幹線が一時止まり、
新大阪で1時間20分程足止めされました。(>_<)
それでも、なんとか予定の2時間遅れで清里に到着。
夜の10時を過ぎてました。
外はどしゃぶりの雨。宿泊先のペンションのオーナーが
車で迎えに来てくれていました。ほんと助かりました。

翌朝は、雨もあがり時々日射しもみられ、長袖だと少し
暑いくらいでした。
朝食には、焼きたてのワッフルにプレーンオムレツなど。
朝からお腹いっぱいになりました。美味しかったー。

9時頃には出発し、散策しながら目的地へ。
まずは、「えほんミュージアム清里」。
長谷川義史さんの絵本原画展とエロール・ル・カイン
の常設展を楽しみました。

かあちゃんかいじゅう』『ぼくのえんそく』などの
原画のみならず、『いいから いいから2』『さるかに
などの試作絵本も展示されていました。

ル・カインの方は、『フォックスおくさまのむこえらび
キャッツ』などの原画が展示されていました。
実は彼の絵本は、まだ読んだ事がないので、これから
図書館で探してみようと思ってます。(^^)ゞ

一通り見終わった後、テラスでブドウジュースを
戴きました。(入館料にドリンク含みなのです。)
閲覧用の絵本(洋書も)があるので、お茶しながら
絵本を楽しむ事もできます。
贅沢なひとときが過ごせる美術館でした。
(残念ながら写真撮影は禁です、念のため。)
                    つづく


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2008-09-02 10:18 | 絵本・美術館 | Comments(0)