プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:絵本( 319 )

もぐらとじどうしゃ

続けて自動車の絵本です。元々、チェコスロバキアの絵本です。
もぐらが、壊れたゼンマイじかけの車のおもちゃを修理して、街中をドライブするお話です。本当の自動車に混じって道路を走り、ちょっとヒヤヒヤさせられます。
これも僕が小学生の時に好きでした。もぐらが乗っていた、ゼンマイのねじの付いたアメ車のようなピンクの車が欲しくてたまらなかったのを憶えています。
a0032077_22143291.jpg

 エドアルド・ペチシカ文 ズデネック・ミレル絵 うちだりさこ訳
 福音館書店:1969年 1200円(税別)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-12 22:15 | 絵本 | Comments(0)
郵便配達員だったもりたろうさんが、60才の定年退職後に運転免許をとり、おんぼろ中古車を買って孫に会いに行く途中で、事件に巻き込まれるお話です。
僕が小学生の頃に大好きだった絵本です。学校の図書室から借りて読んでました。
表紙の自動車の絵が、とくに男の子には魅力的なのだとおもいます。
a0032077_7233220.jpg

 大石 真・文 北田卓史・絵
 ポプラ社:1969年 1200円(税別)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-09 07:37 | 絵本 | Comments(0)

もりのかくれんぼう

続けて森のお話です。
お兄ちゃんとはぐれて森に迷い込んだ女の子が、森の中で不思議な体験をします。
これも、表紙から隠し絵になっています。
動物たちもたくさん登場し、エッツの『もりのなか』を思い出します。
a0032077_820471.jpg

 末吉暁子・作 林 明子・絵
 偕成社:1978年 1000円(税別)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-08 08:27 | 絵本 | Comments(0)

もりのえほん

これも字の無い絵本です。
森の中の様々な風景が描かれています。見ているだけで癒されます。
が、それだけではなく、隠し絵になっているのです。色々な動物が隠されています。
それは、表紙から既に始まっているのです。さあ、全部見つけられるでしょうか?
a0032077_731926.jpg

 安野光雅 絵
 福音館書店:1977年 800円(税別)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-07 07:09 | 絵本 | Comments(0)

かさ

駅で待つお父さんに、女の子が傘を届けてあげるお話です。
と言っても、全く字や文の無い絵本です。色も白黒で、女の子の傘だけが赤で印象的です。絵を見ているだけで、自然とストーリーが浮んできます。
お父さんの立場で見ると、駅までやってきた娘を思わず抱きしめたくなります。
一緒に帰る途中で、ご褒美にケーキを買ってあげたくなる気持ちもよく解ります。
a0032077_716504.jpg

 文研出版:1975年 951円(税別)
(*本当はもう少し縦長の絵本なのですが、どうしてもへしゃげてしまう、、。)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-06 07:20 | 絵本 | Comments(0)

ふしぎなナイフ

色々な形に変わる、ふしぎなナイフの絵本です。
読み聞かせをすると、ページをめくる度に「うおー」とか「うわー」とか歓声があがります。うちの子どもたちは、ナイフのいろんな形を、自分の身体を使って表現して遊んでいました。
a0032077_1647124.jpg

 中村牧江・林 健造さく 福田隆義え
 福音館書店:1997年(こどものとも傑作集)743円(税別)
(*写真を取り込むと、なぜか若干上下がへしゃいでしまいます。ご了承下さい。)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-05 16:46 | 絵本 | Comments(0)

やさいのおなか

記念すべき絵本紹介第1号は、『やさいのおなか』です。
色々な野菜の輪切りの絵本です。「これなあに?」とクイズのように楽しめます。「きゅうり」「トマト」などは、大人でも難しいです。
幼稚園で読み聞かせをすると、大変盛り上がります。
a0032077_19151125.jpg

 福音館書店:1997年 1000円(税別)
[PR]
by ts-1863 | 2004-10-04 19:20 | 絵本 | Comments(0)
小学校以降、絵本を読む事はほとんどありませんでした。
結婚して子どもが出来ても(10年程前)、ブルーナの赤ちゃん用の絵本を買ったぐらいでした。子どもが幼稚園に通うようになり、おすすめの絵本で「ぐりとぐら」があるのを初めて知りました。が、”フーン”という程度で、買って読む事もありませんでした。
[PR]
by ts-1863 | 2004-09-01 15:20 | 絵本 | Comments(0)
両親が共働きだったせいか、読み聞かせをしてもらった記憶がありません。
家には絵本はなかったと思います。テレビばかり見ていたのです。
(テレビが白黒からカラーに変わった頃です。「家具調」テレビでした。)
小学校になって、学校の図書室や学級文庫で借りて、自分で読んでいたのは憶えています。(てぶくろ、もぐらのじどうしゃ、もりたろうさんのじどうしゃ、きっちょむさん等)
[PR]
by ts-1863 | 2004-08-29 16:43 | 絵本 | Comments(0)