プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日、今週の週プロを買った。
ドラゲーの3/27 ディファ有明大会で、動きがあったようだ。
マグナム、アンソニー、シーサー、ハルクで新ユニット ”PoS.HEARTS”を結成したみたいだ。リーダーは、何とアンソニーなのだ。Do FIXER とは兄弟ユニットらしい。
また、YOSSINOが本名の吉野正人にもどり、ブラ・ジェネに入った。確かに肉体派だ。
斉了のDo FIXERのリーダーに始まり、ドラゲー内で何かが動き始めた感じである。変な世代闘争とか無しに、うまーく世代交代できてる気がする。
時々シャッフルされて、マンネリにならないのがいい感じである。女性ファンが多いドラゲーならではのスト−リ−展開なのだろう。
となると、欠場中のミラノがどうするかが次のポイントだ。HPの書き込みを見ると、何か思う所があるらしい。近々明らかになるのだろう。やっぱり、楽しみ、楽しみ。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-31 22:17 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)

神戸/北海道/沖縄

住んでみたい憧れの街は?
異国情緒のある神戸、大平原のある北海道、青い空・碧い海の沖縄。あっ、住んでみたい所と言うより、行きたい所でした(^^)。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-31 21:59 | その他 | Comments(0)
前田日明の顔を久々にTVで見た。昔からのプロレスファンには、感慨深い瞬間であったろう。今の総合格闘技のスター選手がリングス出身である事を考えれば、前田の登場は遅いぐらいだと思う。
今回は残念ながら、各国のリングス所属の選手は負けてしまった。経験不足という事なのだろうか。あれだけの観衆の中で試合した事はないだろうし、長い目で見ないといけないのかもしれない。
この間のK-1に比べれば、KOやギブアップ決着が多く、一般の視聴者にはわかりやすく、楽しく観れたのではないかと思う。
ボブ・サップも突進が復活し、久々に勝った。でも、打った瞬間は相手を見ておらず、まぐれ当たりのようでもある。それを気にしないでいいくらい、これからも突進攻撃を続けて欲しい。そうでないと面白くないし、勝てないと思う。細かいテクニックは使えても内緒にしとくのでいいのでは。
宇野薫は一瞬のスキをつかれ、HEROになりそこなってしまった。
宮田は、打撃と決め技の練習が必要みたいだ。せっかくテイクダウンしても、攻めあぐねていた。秋山は体格差で、仕方なかったみたいだ。ジェロム・レ・バンナの勝つ所を久々に見た気がする。
サム・グレコの闘う姿も久しぶりであった。セコンドでの登場は良く見ていたが。ヒース・ヒーリングはコンディションが元々良く無かったのか。是非再戦が見たい。
今後の前田プロデュースが楽しみである。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-27 18:55 | 格闘技 | Comments(0)

マスク!

あなたの花粉症対策は?
花粉に触れないのが一番のようですが、なかなか難しいですね。家の中でも、寝る時もマスクをしています。でも、目には効果がないので、今も痒くてたまりません。抗ヒスタミン剤が使えないので(眠くてフラフラになります)、とにかく1ヵ月はガマンガマンです。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-22 11:18 | その他 | Comments(0)
曙、K-1初勝利。
角田選手は予想どおり、かませ犬役を引き受けたようでした。
曙のブロックは、勝ち進めば相撲対決になるように出来てました。
一方、ガオグライの方は、ずーっとハンディキャップマッチになるように出来てました。でも、ガオグライも180cmあると言ってましたから、相手がでか過ぎるようです。K-1以外では活躍しようのない選手を選りすぐっているようですね。
どんな相手でもハイキックねらいのガオグライは、やっぱり面白いです。1、2発は必ずあててますもんね。
チェ・ホンマンは2mにしては、動きが良かったですね。右のネコパンチが気になりました。もっとしっかりボクシングのパンチの練習をすると、もっと見ごたえのある選手になってくれそうです。
でも、やはり、総じてKOが少なくて、ガッカリしました。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-21 22:03 | 格闘技 | Comments(0)
瀬戸内つながりでもう一冊。
愛媛県今治市出身の長野ヒデ子さんの作品です。
今治と言えば、来島海峡の鯛が有名ですから、そこから思い付かれたのでしょう。
あこがれのデパートで一日過ごした”たいこさん”。
やっぱり海の中が一番のようです。
せとうちたいこさんは、シリーズ化されていて、『えんそくいきタイ』『パーティーいきタイ』もあります。
a0032077_1111154.jpg

 長野ヒデ子・さく
 童心社:1995年 1365円(税込)
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-21 21:50 | 絵本 | Comments(0)

あたごの浦

本屋さんでたまたま見つけました。
サブタイトルに、”讃岐のおはなし”とあります。
地元の昔話のようです。(僕は聞いた事がありませんでしたが、、、。)
瀬戸内の浜辺で、魚たちが演芸会をするお話です。
讃岐弁で書かれています。「妙々々々々々」とはやしたてるのが耳に残ります。

a0032077_64929100.jpg

 脇 和子・脇 明子 再話  大道あや・画
 福音館書店:1984年 780円(税込)
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-19 06:50 | 絵本 | Comments(0)

こちょこちょこちょ

久しぶりの絵本です。気がついたらまた1ヵ月経っていました。
先日紹介した、内田麟太郎さんと長野ヒデ子さんの合作による赤ちゃん絵本です。
これを読んで、実際にこちょこちょしてあげると大喜びしますよ。
a0032077_2151528.jpg

 内田麟太郎・文 長野ヒデ子・絵
 童心社:1996年 840円(税込)
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-17 21:54 | 絵本 | Comments(2)
昨夜、ケーブルTVのGAORAで、『DORAGON GATE 無限大』の放送があった。
たまたま、先日の札幌大会や後楽園大会の試合が流されていた。
BxBハルクのデビュ−戦から第3戦までも放送された。
確かにイケメンでカッコよかった。側宙やバック転での蹴りのかわしは凄かった。
一瞬何が起ったのかわからない感じで、場内の観客も見入ってる様子だった。
とは言ってもデビューしたてなので、身体の線が細いのとスタミナの無さが目立った。
コーナーにふられた時も、ちょっとスピードが足らなかった。ドラゲーの試合はスピード感が売りの一つでもあるので、早く先輩たちのペースについていけるよう頑張ってほしい。あと、ドロップキックがいまいちだった。ジャンプは高いのに打点が低くインパクトが弱かった。マグナムのを見てしっかり自分のものにして欲しい。とにかく、スタミナをつけて、試合の後半でもキレのいいアクロバチックな動きができるようになって欲しい。そうすれば、誰も真似できない良い選手になると思う。
こう見て来ると、新ためて鷹木信悟の凄さを思わずにはいられない。デビュー半年ぐらいにもかかわらず、BJの一員として先輩たちと全く違和感なく闘っているのだから。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-13 11:30 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)
今週の週プロに、ドラゲーの札幌大会(3/5&6)の結果が載っていた。
ミラノの長期欠場のためイタ・コネから返上されていたオープン・ザ・トライアングルゲート王座。BJをマグナム抜きのDoFIXERが破り、第2代王者となった。
そして、マグナムはリーダーを退き、斉了が後を引き継ぐ事になるようだ。今年になってからの斉了の頑張りは、このための布石だったのかあ〜。
さらに、マグナムプロデュースの新人BXBハルクがデビューした。パワー系の鷹木信悟に対して、彼はアクロバット系らしい。早くこの目で見たいものだ。
また、ドン・フジイにいじめられていた練習生(戸沢くんと言うそうだ)も、近々デビューするようだ。悪冠一色が抜けての人手不足を解消する一手段なのかもしれない。
あと、ダニエル三島が谷嵜を破りシングル初勝利をあげたようだ。
次の展開に向けて、少しづつ動きだしてきたようだ。楽しみ、楽しみ。
[PR]
by ts-1863 | 2005-03-10 21:20 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)