プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一昨日の日曜日に、県立図書館で講演会がありました。
「グリム・メルヒェンの舞台を訪ねて」という演題で、児童文学研究家の市村久子さんが講演されました。市村さんと言えば、『おおきなおおきなおいも』の作者です(絵は赤羽末吉さん)。
20年間幼稚園の先生をされ、その後、スペインに遊学されたそうです。
現在は、絵本・児童文学の舞台や作家・画家ゆかりのヨーロッパの地を訪ねる旅を続けられています。
市村さんとグリム童話の出会いは、母親からお話してもらったのが最初だったそうです。明治生まれの母親が、なぜグリムを知っていたのか、今でも不思議だとのことでした。
そして、市村さんが小3の時に、その母親が亡くなり、小5で父親もなくなりました。まるでグリムのお話の主人公のような境遇となり、そんな中で、グリムの童話が心の支えになったと、涙ながらに語られました。
不遇な子ども時代には、絵本や児童文学にふれる事はあまりなく、幼稚園の先生になってからその魅力にとりつかれたそうです。

資料の年表に沿ってグリム兄弟の生涯をサラッと説明され、その後は、スライドでグリムゆかりの地を紹介してくれました。1989年に14日間のツアーでメルヘン街道を訪れた時の写真だそうです。
グリム兄弟生誕の地ハーナウから始まり、「かえるの王様」の銅像があり兄弟が少年時代を過ごしたシュタイナウ、兄弟が大学に通ったマールブルク、図書館で働いていたカッセル、「がちょう番の娘」の噴水があるゲッティンゲン(市村さんは、この話が一番好きだそうです)、「ハーメルンの笛吹き男」の舞台ハーメルン、そして終点は「ブレーメンの音楽隊」のブレーメン。

お話を聞いて、いつか是非ドイツに行きたくなってしまいました。
こうして絵本や童話作家の方のお話を伺うと、ますます興味が湧いてくるし、愛着も深まります。これから”読書の秋”ですから、じっくりと絵本や童話の世界にひたれそうです。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-27 15:38 | 絵本・講演会 | Comments(0)
さっき会場から帰ってきたところ。8ヶ月ぶりの観戦。
仕事が終わって駆けつけたので少し遅刻した。

ちょうどBXBハルクがダンサーと一緒に入場する所にでくわした。
さすがに女性ファンの声援が多かった。
ハルクの動きも、TVで見るよりよかった。
(あんまり大技をださなかったからかも。)
マグナムとのタッグだったのだが、マグナムは天龍が乗りうつったかのように、エグイ蹴りをバシバシ決めていた。

”ガラスの膝”を持つ、ジョンソン・フロリダを初めて見た。正体は誰なのか?勉強不足でわからない。みんなは知っているの???

Blood Generation は、やはり”のびのび”と好き放題やっていた。
自然と対戦相手の Final M2K や Do Fixer の面々への声援が多くなるのだ。アングルとしてはうまくいっているのだと思う。

さすが、モッチーとCIMAのMCは冴えていた。安心して楽しめる。

横須賀享への女性ファンからの声援とテープは凄かった。
一方、K-ness.、吉野への声援は少なかった。

吉野は、あいかわらずのスピードであった。しかし、技に重みが全くなく、今一つアピールに欠けていた。このままではヤバイ感じだ。何かひと工夫必要だと思う。

最後に、本日の対戦カードと勝敗を。

1)BxBハルク&マグナムTOKYO ○ VS × 谷嵜なおき&ドラゴン・キッド
2)ダニエル三島&マイケル岩佐 ○
   VS × ジャクソン・フロリダ&しゃちほこマシーン
3)ドン・フジイ ○ VS × 新井健一郎
4)鷹木信悟&CIMA ○ VS × 堀口元気&斉藤了
5)K-ness.&横須賀享&望月成晃 ○
   VS × 吉野正人&土井成樹&マグニチュード岸和田
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-24 23:05 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)
昨夜、TVで観た。
やはり、KOが少ないのが気になった。バンナとアーツの試合以外は、全て判定。TVでは編集されているのでいいが、実際会場で観ていた観客の反応はどうだったのか?
開始から6試合連続で判定であったようだ。結構つらいものがあったのでは。
最初の2試合(アレキサンダーVSラニ、角田VSアイアンライオン)は、結果からすれば無くてもよかったのでは?と思ってしまう。(ただ、試合を見て無いので異論があればご勘弁を。)

武蔵はあいかわらず”負けない”試合をしていた。まあ、今回はボタが相手で、一発もらうと負けてしまうので、仕方がないかも。

サップとチェ・ホンマンは、1・2Rは見ごたえがあったが、その後両者スタミナ切れで、グズグズだった。サップはもっと頑張らないと、ベルナルドの二の舞になりそうだ・・・。

さあ、決勝戦はどうなるか?
とりあえず、”化け物”対決でセーム・シュルトVSチェ・ホンマン、”ハードパンチ”対決でセフォーVSバンナが観てみたい。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-24 12:51 | 格闘技 | Comments(1)

紙芝居に初挑戦!

先週の木曜日の午後、近くの幼稚園で読み聞かせをしました。
年長さんのクラスです。
『お月さまってどんなあじ?』『しっぽのはたらき』を読み、最後に紙芝居をしました。『ねこのたいそう』(長野ヒデ子・作)です。
題名の通り、紙芝居を見ながら一緒に体操をするのです。
最初は、ちょっと恥ずかしそうにしていた子ども達も、要領がわかってくると、読んでる声に関係なく勝手に絵を見て体操しはじめました。
終わったとたんに、「もう一回、もう一回!」とアンコールされましたが、結構長いのと、読む方もエネルギーを消耗するので、「また今度ね」と言って許してもらいました。
でもやっぱり、元気な子ども達と楽しい時間を過ごすと、こっちも元気になってくるのです。来月までが、待ちどうしいなあ。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-20 06:46 | 絵本・読み聞かせ | Comments(0)

久しぶりの洗車

先週の台風14号のおかげで水不足が一気に解消されました。
(被害にあわれた方には、お見舞い申し上げます。)
そこで、今日久しぶりに洗車をしました。3ヶ月ぶりです。
ドロドロだったのが、ピカピカになりました。
しばらく天気がよさそうなので、週末はドライブしようと思っています。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-15 17:29 | その他 | Comments(0)

さんま、梨

秋の味覚、もう食べた?
新さんまを食べました。油がのってておいしかったです。ただ、いっしょに食べた大根すりが辛かったのが残念でした。
二十世紀梨も食べました。みずみずしく、シャクシャクという食感が大好きなのです。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-10 16:20 | その他 | Comments(0)
昨夜は、TVでHERO'Sを観た。
KIDと須藤元気の優勝候補2人が、順当に勝ち上がった。

須藤の寝技は、詰め将棋のようで上手かった。

KIDのホイラーへのカウンターは見事だった。
打ち合わせをしていても、なかなかあんなには決まらないだろう。
まさに、”肉を斬らせて、骨を斬る”って感じであった。

前田は、最後の最後にチラッと映っただけだった。

魔裟斗の後ろに時々映る、関根勤が気になった。

大晦日、「Dynamite!!」を楽しみにしよう。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-08 21:00 | 格闘技 | Comments(0)
さっき、CATVでDRAGON GATE お台場毎日プロレスの総集編を見た。
じっくりドラゲーを見るのはひさしぶりだ。

やっぱり、ハイスピードな技の攻防は、見ていて気持ちいいねー。
Blood Generation の悪役ぶりも、すっかり定着してきたし。
強くて悪くて、MCが面白い。当初のモッチーのキャラと似ている。
しばらくは、この絡みで楽しめそうだ。

1ヶ月の短い興業の間にも、しっかりストーリーを作り(やや強引な所もあるが)、観客に必ず訴えかける手法は変わっていない。見ている方はわかりやすくていいのだ。

マグニチュード岸和田は、パワーファイターだが、身軽であった。なんなくムーンサルトをやってのけていた。バンバンビガロを思い出した。
でも、身長がもうひとつのようで、鷹木信吾の方が大きく見えてしまうのが、残念だ。

BxBハルクのバク宙しながらのキックは凄い。いつもカメラが前から撮っていたので、ちょっと分かりづらかったが。是非、真横から見てみたい技だ。
ただ、ローリングソバットやドロップキックなど、技の斬れが今一つな気がする。インパクトが微妙にズレてるようだ。フォームが美しいのに、これまた残念だ。経験を重ねるしかないのかも。

今月末には、近くにドラゲーがやってくる。仕事が早く終われば、見に行ける。楽しみ、楽しみ。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-06 22:20 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)
一昨日の午後、子ども達と一緒に市立美術館へ、『光と影のシンフォニー 藤城清治の世界展』を観に行ってきました。
ちょうど夏休みの間に開かれていて、行こうかどうしようかと思っていたのです。最終日の9/4が迫ってきて、慌てて行った次第です。

でも、行ってよかったです。すばらしかったです。子ども達と一緒になって、「凄い!凄い!」と言いながら観てまわりました。通常の展覧会のように絵が展示されているのではなく、ライトアップされた影絵が展示されていたのです。小さい作品から天井から床まであるような大きな作品までありました。床にはめ込んである作品もありました。幻想的な世界が作り出されていて、まるでテーマパークのアトラクションのような雰囲気だったのです。もちろんアトラクションと比べるなんて失礼な話なのですが、本当にすてきな世界だったのです。

実は、なんとなく影絵は”古くさい”イメージを持っていたのです。ですが、今回実際に展示されている影絵を見て、イメージとは全く違うものでした。写真で見ても美しいですが、本物はそれとは比べ物にならないほどすばらしかったです。是非、本物を見て下さい。
といっても、今回の企画は、当地が最後だったようですので、またの機会をお楽しみに。

P.S  ”ケロヨン”が藤城さんの作品だと、今回初めて知りました。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-03 22:07 | 絵本 | Comments(0)

『ロボッツ』

この夏、感動した映画は?
お盆に子ども達と一緒に観ました。実は、あまり期待はしていなかったのです。が、夢があり、テンポよくストーリーが展開され、BGMもノリノリで、バッチリ楽しめました。
[PR]
by ts-1863 | 2005-09-01 06:45 | その他 | Comments(1)