プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863

<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

絵本への道

今日は加古里子さんの自伝的な本を紹介します。
絵本への道 -遊びの世界から科学の世界へ-』です。

絵本を描くに至った経緯や、紙芝居や科学絵本への思いが綴られています。
僕は中でも、「紙芝居の表現法」の章が面白かったです。
紙芝居の由来、絵本との違い、具体的な作り方など目から鱗でした。

ちなみに、うちの娘たちは、
からすのパンやさん』『どろぼうがっこう』が好きで、
幼稚園の時は、何回も借りて帰ってきていました。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-30 09:34 | 絵本 | Comments(0)

おともださにナリマ小

今日は面白い童話を1つ。『 おともださにナリマ小』です。
以前(8/29の記事)紹介した『子どもの本2005』に掲載されていて、先日図書館で借りて読みました。

一年生になったばかりのハルオくん。
ある日自分にそっくりな子に出会います。はてはて?

タイトルは、「おともだち」の間違いではありません。
わざと「おともださ」になっています。
ぜひ読んでその訳を確かめて下さい。

お話は、「つんつくせんせい」シリーズのたかどのほうこさん。
絵は、『ゆうびんやさんのホネホネさん』の西村温子さん。
間違いなく楽しい本ですよ。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-29 15:28 | 絵本 | Comments(0)

バッテリー

やっと体調回復しました。
連休中にゴロゴロしながら、やむをえず”読書の秋”。
前々から気になっていた、『バッテリー』を読みました。
古本屋で見つけたのです。(^^)ゞ

タイトルからして、野球のスポ根ものかと思い込んでいたので、
なかなか読む気にならなかったのです。
いざ読んでみると、面白い! スポ根ではありませんでした。

小学校を卒業したばかりの天才ピッチャーの男児の話です。
野球そのものよりも、いわゆる”ヤングアダルト”(思春期)の
心の葛藤を描いた作品です。

現実には、この年でここまで自信過剰な児はなかなかいないと
思いますが、周りの大人へのイライラ感は伝わってきました。

僕とは全く違うタイプなので、「その気持ちわかる、わかる」って
感じにはなりませんでした。が、中学・高校生は、多かれ少なかれ
こんな気持ちを持っているのかなあと、あらためて思いました。

はやく続きが読みたくなりました。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-26 17:46 | 絵本 | Comments(0)

体調不良

ここ2・3日、風邪気味で身体がだるいです。
せっかくの連休でしたが、今日は外出せず、
家でゴロゴロしてました。
今やっと、ちょっと元気が戻ってきたので、
ブログ更新しています。
(昨日はパソコンにすら触っていません。)
本格復帰にはもう2・3日かかりそうです。
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-24 17:07 | その他 | Comments(2)

おべんとうの絵本

これから、遠足に運動会にと”お弁当”が活躍する時期ですね。
そこで、お弁当の絵本を紹介します。
ぼくのおべんとう』『わたしのおべんとう

『ぼく・・』はごはんのお弁当。『わたし・・』はサンドイッチです。
どちらも、食べ進んでだんだん中身がなくなっていきます。
ちょっとした仕掛けがありますので、是非セットで読んでみて下さい。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-20 15:51 | 絵本 | Comments(2)

プロレスって何だ?

以前から気になっていた、悲しきアイアンマンさんお薦めの
プロレスって何だ?』を読んだ。

インタビューか対談の記事構成。巻頭は、小島VSCIMAのドリーム対談。
蝶野、武藤、天龍、高山、浜田文子、上井、ライガー、飛鳥、校長、笹原元GM、高木(DDT)VS登坂(大日本)、斎藤文彦とレスラーorプロレス関係者が続く。

週刊専門誌のインタビューだと、ちょっと嘘臭い感じがしたりして、あまり
読む気がしない。今回の企画は、個々のアングルとか立場を越えて、各個人
の人生としてプロレスを語っているのがいい。本音満載だ。
サブタイトル「暴露本なんてまだまだ浅い!!」に偽りなしの内容だった。

自分の印象に残った所を幾つか。
・CIMAが長州ファンだった(今のファイトスタイルからは想像できない)
・高山のプロレスの入り口は、ファンクスVSブッチャー・シーク(僕も同じ!)
・浜田は小学生の頃、自宅で選手とプロレスごっこしてた(うらやましい〜!)

とにかく、各レスラーのプロレス大好きな思いがビシビシ伝わってくる。
そして、自分が子ども〜少年の頃に、必死でプロレスを観てた時の熱い思いを
思い出させてくれた。同じような気持ちでプロレスを観てた人達が、今メイン
の選手として活躍している事がさらに嬉しい。

新しいプロレスファンには、ピンと来ないかもしれないが、昭和からのファンにはたまらない一冊である。


にほんブログ村 格闘技ブログへ  にほんブログ村 プロレスブログへ
 
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-20 10:42 | プロレス黄金時代 | Comments(0)

いのくまさん

まだ台風が来るのに時間があって、何とかお天気もセーフだったので、
今日の午前中に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に行きました。
猪熊さんは、三越デパートの包装紙のデザインでも有名です。
地元高松の出身の方で、15年前に美術館ができました。

実は、これまであまり興味がありませんでした。
最近出版された、絵本『いのくまさん』を買ってから気がかわりました。

美術館は、JR丸亀駅の目の前にあります。
大きな黄・赤・黒のオブジェと壁画が出迎えてくれます。圧巻です。
(これは外なのでいつでも見れます。)
県外からも沢山の方々が来館されていました。

今は、「須田悦弘展」も開催されています。
アートには疎いので、初めて須田さんの作品を見ました。
展示室に入った時にはビックリしました。
一見すると、何もないのです。壁に絵が掛かっているでもなく、
フロアーにオブジェが有るようにも見えず。
部屋を間違ったかと思いました。
ところが、よく床を見ると、隅っこの方に”雑草”が生えているのです。
いやー、やられました。今まで味わった事のない感動でした。
やっぱり、芸術家は凄い!!

3Fのカフェから見えるテラス(カスケードプラザ)にも大きなオブジェと
壁一面の滝がありました。上を見上げれば、直接空と繋がって見えます。

ただ1つ残念なことに、北側にマンションが見えてしまうのです。
せっかくの空間の美が台無しです。ベランダに干した洗濯物は・・・。
市の条例の不備の結果でしょうね。

でも、非常に楽しい時間を過ごせたので、また行きたいと思っています。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-17 20:58 | 絵本 | Comments(0)

電車男

ついさっき、TVで映画版の『電車男』を観たところです。

TV版しか見てなかったので、どうだろうと思ってましたが、
そんなに違和感なく見れました。
オタクにしては、山田くんはやっぱりかっこよすぎますが、
許せる範囲内って感じでした。
映画でしかだせない雰囲気もありました。

ストーリーはわかっているのに、結構ドキドキしたり、
がんばれーって思いながら見てました。
原作がいいのでしょうね。

来週はTVの特別版があるようです。
予告を見る限りは、ハチャメチャな展開っぽいですね。
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-16 23:06 | その他 | Comments(0)

初代タイガーマスク

この間の「別冊ゴング」のつづき。

初代タイガー(佐山)のインタビュ−記事の中に、こう書いてある。
「・・足を取ってキックするにしても、僕の中では、飛ぶということ
 ではなく、その試合の流れの中の技の中のひとつであってね。・・」

そう、それそれ。その流れが好きだったのだ。
前回書いた、サマーソルトがらみのムーブもその1つ。
ギロチン・ドロップ→後転して立ち上がり、サマーソルト・ホイップ→
前転して立ち上がり、その場でムーンサルト・プレス。これも良かった!

最近のプロレスは、コーナーからの大技をねらい過ぎて、流れがストップ
する事が多いのが、気に入らない。

それで、ドラゲーのようなめまぐるしい攻防の連続を観たくなるんだろう
と自分でふと思ったりした。
ただ、最近のラダ−使用は止めて欲しい。無くても十分だし、ケガしすぎ!


にほんブログ村 格闘技ブログへ  にほんブログ村 プロレスブログへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-16 16:23 | プロレス黄金時代 | Comments(0)

おばあちゃんすごい!

あさっては敬老の日なので『おばあちゃんすごい!』を紹介。
幼稚園に突然やってきた、ひとりのおばあちゃん。
お手玉にけん玉と何でもできる。子どもたちはおおはしゃぎ。
いったい誰のおばあちゃんなの?

子どもは、こんなおばあちゃんに感激できる子であって欲しいですね。

ちなみに、僕は無精ひげをはやして眼鏡をかけているので、このシリーズ
に出て来る園長先生に似ていると時々いわれます。(^^)ゞ


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2006-09-16 08:54 | 絵本 | Comments(2)