プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

昨日は、京都で開催された「第12回絵本学会大会」に
参加して、柳田邦男さんの講演、
「子どものこころをはぐくむ・いのちをつなぐ」
を聴きました。
会場は、京都女子大学の大きな講義室で、200人以上
の聴衆で埋まっていました。

柳田さんは、1993年に息子さんを亡くし、その数年後
から絵本について語るようになられたそうです。
心の再生のために”大人こそ絵本を”とキャンペーン
を展開してこられています。
そんな当初の頃の、『絵本の力』という本の出版
に関わる裏話をして下さいました。
この本は、小樽で行われる「児童文学ファンタジー大賞
での講演録(第6回時)なのです。が、この時の司会の
方が、「絵本で生死を語ってほしくない」と柳田さんに
抗議され、鼎談が進まなくって困ったとの事でした。
その一方で、インフルエンザ脳症で亡くなった弟の死を
一冊の絵本『わすれられないおくりもの』を通して、
その兄・姉が理解し受入れる事ができたエピソードを
紹介して下さいました。
この10年、”大人こそ絵本を”と言い続けてきて、最近
は、やっぱり”子ども”が大切だと思うようになったと。
大人は早々死んでしまうし(笑)。
大人も子どもも一緒に絵本を楽しむのがいい。

ここまでが前置きで、この後、幾つかの絵本を手に取り
ながら、講演は続きました。

今回のテーマである”こころをはぐくむ”つまりは、
他人の心を理解し、苦しみをわかるような心を育てる
ためには、生まれた時からのそういう成育環境が必要。
”アタッチメント”が大切とのこと。
ちょっとだけ』;赤ちゃんが生まれてお姉ちゃんになった
女の子のお話。いつも我慢してる姿と、それにちゃんと
気付いたお母さんに感動。
エリカ 奇跡のいのち』;ユダヤ人収容所に送られる列車の
窓から投げ出され、生きながらえた女性の物語。
実の親でなくとも、アタッチメントがしっかりしていれ
ば、立派に育つ一例。

柳田さんは終末期医療にも強い関心をお持ちです。
「大丈夫」と言ってあげれるのが理想とのこと。
だいじょうぶ だいじょうぶ』;柳田さんが大好きな絵本の1つ
だいじょうぶだよ、ゾウさん』;年老いたゾウのお世話
をしながら一緒に暮らすうちに、ゾウの死を受入れられる
ようになっていくネズミ。自分の幸せよりも、相手の幸せ
を思えるように成長。
この絵本は、柳田さんが翻訳した絵本。最後の一言の訳に
1ヵ月悩まれたそうです。

先程の『エリカ』も柳田さんの翻訳。これまでに10冊程、
翻訳されているそうです。これから3冊、新しい翻訳絵本が
出版されるとのこと。

荒川区が読書推進活動に力を入れていて、昨年から、
柳田邦男絵本大賞」が始まりました。
大賞は小3の女の子と小5の男の子。
女の子が読んだのは、『たいせつなきみ』。
小1の時の体験を思い出して書いたとの事。
男の子が読んだのは、『バムとケロのさむいあさ』。
サブストーリーへの気付きを書いてきた。

最後に、どうしても紹介したかった絵本。
めっきらもっきら どおんどん
ある幼稚園でのエピソード。近くに、絵本とそっくり
の風景を見つけ、子どもたちの空想が一気に広がった。
教室のみならず、実際にその場所に行って、先生が読み
聞かせをしたそうです。子ども達の興奮もピークに。
 
子どもにとっては、ファンタジーも、リアリティーの
一部という事。

1時間15分の予定が、30分オーバーして終了。
後半は特にあっという間でした。

学会会員ではないので、一般の臨時会員として参加費
2000円での参加でしたが、京都まで出かけていった
甲斐がありました。
また都合が合えば、是非参加したいです。

P.S.柳田さんの奥さま、いせひでこさんの絵本原画展が、
安曇野の絵本美術館「森のおうち」で開催されるそうです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-29 18:43 | 絵本・講演会 | Comments(0)

YAMATOが?m.c.KZ.が!

昨日のドラゲー関西テレビなんでもアリーナ大会で、
いくつか動きがあったようだ。(詳細はこちら
 
・YAMATOが、鷹木と共闘。KAMIKAZE入り?
・m.c.KZ.がヒールターン。

あと、戸澤と剣心がケガで欠場。(詳細はこちら
KAMIKAZEはどうなっちゃうんだ???

7/19神戸ワールドに向けて、どんどん動きだした。
既決定カード)&(追加カードはこちら


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-27 07:27 | プロレス・ドラゲー | Comments(3)

幼稚園で読み聞かせ

今日の午後、いつもの幼稚園で読み聞かせをしてきました。
幼稚園では、今年度は初めてになります。
年長さんのクラスでした。

まずは、『だるまさんの』;やっぱり大爆笑。
次に、『ねこガム』;「プー」で大笑い。
そして、『ふってきました』;動物が降ってくる度、歓声が。
最後に、『ふしぎなキャンディーやさん
         ;不思議なキャンディーに興味津々。

梅雨らしくない、いい天気の一日でした。
雨が降らないと、プールが出来なくなるのが心配です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-25 19:48 | 絵本・読み聞かせ | Comments(0)

NOAH6/22後楽園ホール大会

昨夜、CATVのG+で、NOAHの後楽園ホール大会を観た。
結果詳細はこちら

三沢選手への黙祷で始まり、大三沢コールで終了。
小橋選手の復帰戦以来の感動的な大会だったのでは。

石森選手がヒールターンしていたのに驚いた。
斎藤選手も辛い中、気丈にシリーズを戦い抜いた。
小橋選手の体調も大丈夫そうだった。
(日経新聞に闘病記が連載されていた。)

メインは凄かった。
これからのNOAHを象徴する闘いだった。
GHCのヘビーとJrヘビーのチャンピオンタッグ。
迎え打つは、健介と中嶋。
チョップとキックであれだけやりあえ、観客を
ヒートアップさせるのは、凄い!
バトラーツとは少し違ったバチバチだ。
一発一発が重いので迫力があるのだろう。

中嶋の負けん気が、これまた半端じゃない。
NOAHの若い選手の中から、中嶋のような気概と
テクニックを持った選手があと2人ぐらい出て
くれば、NOAHも安泰だろう。

27歳と28歳が団体を引っ張っていくのは、
大変だろうが、頼もしい。
この2人なら、やってくれそうである。

元々、NOAHファンという訳ではなかったのだが、
今後は目が離せなくなりそうだ。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-23 20:54 | プロレス・その他 | Comments(5)

空手超バカ一代

正道会館館長・K-1創始者の石井和義氏の自叙伝、
空手超バカ一代」が出版された。
服役中に書いた手紙を元に編集されている。

極真の大阪支部長だったので、大阪出身かと思って
いたら、愛媛の宇和島出身だったとは。
”ケンカ十段”芦原英幸師範との出会いと決別など
赤裸裸に書かれている。

帯には「・・魂の青春指南!」とあるが、文章が
ざっくばらん過ぎて、子どもが読むには適当かどうか?

ソフトカバーのペイパーバックなので1000円はちと
高い気がした。新書並みの800円ぐらいが妥当では?

不満な点もあるが、格闘技ファンとしては一読の
価値ありな一冊だ。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-20 14:46 | 格闘技 | Comments(0)
久しぶりに本の話題です。
冒険小説あるいはSF作家のジュール・ヴェルヌの作品、
神秘の島 第一部』『神秘の島 第二部』『神秘の島 第三部』。

南北戦争時代に、気球でアメリカを脱出した5人の男と
1匹の犬たちが、ある島にたどりつきます。
その神秘な島でのサバイバルを描いた冒険小説です。

重要なキーマンとして、『海底二万海里』のネモ船長も
登場しています。
こちらのお話は、ディズニーシーのアトラクション
海底2万マイル」の原作です。

いずれも120年ぐらい前に書かれた作品です。
科学的には突っ込み所満載ですが、日本が明治になって
すぐの時代ですから、やっぱり傑作ですよね。

長いお話ですが、面白くて一気に読んでしまいますよ。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-18 22:19 | 絵本 | Comments(0)

テッド・タナベ氏死去

大阪プロレスのレフリー、テッド・タナベ氏が亡くなられた。
試合のレフリング後に倒れ、そのまま帰らぬ人に・・・。
詳細はこちら

みちのくプロレス時代のレフリングは、GAORAで時々観ていた。
テッド氏は、名物レフリーで、なくてはならない存在だった。

10数年前に一度だけ、愛媛の松山でみちのくの試合を観た事を
思い出した。まだ、4代目タイガーがみちのくに居た頃だ。

三沢選手の訃報のショックから立ち直れないまま、続けて
こんな悲しいニュースが・・・。
奇しくも、お二人とも46歳だったとか。
僕より3歳年上なだけ。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
合掌。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-16 07:25 | プロレス・その他 | Comments(2)
今夜、高松シンボルタワー1F展示場でドラゲーの
高松大会が開催された。
試合開始前に、全選手がリング下に集まり、昨日
亡くなった三沢選手への黙祷及びテンカウントゴング
を行った。

試合結果のみ簡単に。
1)戸澤陽×           ○新井健一郎
  ドラゴン・キッド  vs    神田裕之
  鷹木信悟            堀口元気
2)しゃちほこマシーン○  vs  ×ジャクソン・フロリダ
3)近野剣心×  vs  ○ドン・フジイ
4)超神龍×        斎藤了
  望月成晃   vs  ○サイバー・コング
5)谷嵜なおき×      ○KAGETORA
  B×Bハルク       横須賀享
  吉野正人     vs  Gamma
  土井成樹         CIMA

剣心は、技の”受け”をもっと練習した方がよさそうだ。
危ない体勢で技をくらっているのが気になった。

メインは役者が揃い過ぎていて、お腹一杯、目移り
する感じだった。その中で、一番ハルクの存在感が
大きかったように思った。技をかけても、受けても、
観客から自然に歓声が起るのだ。体も一番大きく
見えたし。

最後はCIMAが、三沢選手の事故について触れた。
この悲しい出来事を教訓にして、立ち止まらず、
前に向いて進んでいきたいという感じのコメント。
大好きなプロレスを守るため、レスラー・関係者・
ファンみんなで頑張ろうと。

全く同感である。
三沢選手の死を無駄にしないために。

最後の最後に、嬉しいニュース。
12/23にまた高松大会開催の予定。
新型インフルエンザが流行っていない事を祈る。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-14 21:19 | プロレス・ドラゲー | Comments(4)
今朝、朝刊をみてて、思わず「ウソッ?!」と叫んでしまった。
NOAHの社長、三沢が試合中に倒れ、そのまま亡くなったようだ。
スポナビの記事はこちら

一般のニュースの方が、詳しい。
エキサイトニュースはこちら

少し前に若いレスラーが練習中に不幸な事になり、ライセンス
制度の必要性が言われていたのを思い出す。

若手だけでなく、ベテランレスラーにも何らかの措置が必要
かも知れない。定期的な頭部のメディカルチェックや試合数
の制限等。(大好きなプロレスが無くならないために)

満身創痍で最後まで現役レスラーであった三沢光晴選手、
本当にお疲れさま、そして、ありがとう。

安らかにお眠り下さい。
合掌。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-14 08:59 | プロレス・その他 | Comments(2)

YAMATO大金星2

昨夜、新日の三重大会が行われた。
結果詳細はこちら

YAMATOが、今度は金本から大金星!
またも失神KO。
試合後コメント等こちら

リーグ戦突破は難しそうだが、新日に
インパクトは十分残した。

さあ、これからのドラゲーで、
どう化けるのか楽しみだ。 


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2009-06-12 18:07 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)