プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー

<   2010年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

幼稚園で読み聞かせ

今日の午後、いつもの幼稚園で読み聞かせをしてきました。
今回は、年少さんのクラスでした。

まずは、手遊び「ぐー、ちょき、ぱー」。
かめかめ かもめ』;かぐやひめは知らない様子でした
わんわん なにかな?』;全問正解の子も
うしろにいるのだあれ』;段々前に寄ってきました
どうぶつサーカスはじまるよ』;皆で拍手で大盛上り

年少さんとは初対面。皆、興味津々って感じでした。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-30 16:04 | 絵本・読み聞かせ | Comments(0)
昨日は、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に行きました。
これで3回目でしょうか。

企画展は、「SickeTel-キュピキュピと石橋義正」。
映像と音楽が作り出す、大人な世界でした。
ムービーもあり、1時間程たっぷりと楽しみました。

観賞後は、館内のカフェで、レモンハーブティを飲み、
余韻に浸りました。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-27 07:05 | その他 | Comments(0)

DREAM.16

昨夜、「DREAM.16」TVで観た。
久しぶりの地上波ゴールデン放送だった。
結果詳細はこちら;スポナビ

放送順に感想を。
・ハンセンVS所;所、いいトコロなく完敗。金的のダメージか?
・石井VSミノワマン;体格が一回り違うのにビックリ。
          石井、動きは良かったがツメ甘い。
          今のままでは、ダメパターンで終わりそう。
・メイヘムVS桜庭;サク、これを機に引退した方が・・。
・高谷VSビービ;さすがのワンパンチKO。
・ムサシVS水野;ムサシ強し。遅咲きには厳しい現実が。
・青木VSアウレリオ;10歳以上の年齢差。ダイジェストな試合。

先に放送されたボクシングの試合も観てしまった。
イライラする展開で、観なければよかった。

TBSは相変わらずで、関係のない番組宣伝入れ過ぎ。
でも、そうでもしないと、今はゴールデンで放送できないのかも?!


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-26 16:38 | 格闘技 | Comments(0)
本日の「19時女子プロレス」は、
シングルマッチ  15分1本勝負  
 志田光 VS 帯広さやか

試合結果は、志田光の勝ち。
 (11分3秒、ブレーンバスター
         → エビ固め)

実は,急用で観れなかった。

来週は観るぞ、おー!


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-24 22:56 | プロレス・その他 | Comments(0)
今日の昼に後楽園ホールで女子プロレス”アイスリボン”の
「リボンの騎士たち」が開催された。
結果詳細はこちら;バトル・ニュース

注目は、里村選手率いるセンダイガールズ(仙女)との対抗戦。
結局、他団体との対抗試合はアイス勢の全敗に終わったようだ。

さくらえみが、9/19米山選手との敗者髪切りマッチ前の会見で
「悔しいおもいをして一度リセットした方がいい」というよう
な事を言っていたと思う。
これは、今日の結果からすると、米山選手に対してではなく、
自分たちアイスリボンに向けての言葉だったのだな。

最後は、次世代のりほが里村選手に戦線布告。
これからが本当の戦いの始まりということだ。

バトル・ニュースさんの記事によると観客数は951人。
これは目標に届いたのだろうか?
これまでのアイスの後楽園での観客数をみてみると、
1000人越えている時もあったようだ。
飯伏選手など他からの人気選手参戦なども影響するの
だろう。

今回は、女子プロレス界では十分メジャーな里村選手の参戦。
それでも観客数が伸びないないのは、なぜ?
女子プロが人気がないからが一番の理由?
里村選手はじめ仙女の面々は、勝負には勝った。
しかし、プロレスの興行、プロとしての仕事はできていたのか?
いくら王道プロレスといっても客を呼べないとしたら、プロ
失格ではないのだろうか?

おそらく、今回の結末は最初からさくらえみの計算通りなの
だと思う。自分たちの勝ち星よりも、これから流れを考えての。
アイスリボンというより、女子プロレス界全体のために。

19時女子プロレスを観てるうちに、知らぬ間に、すっかり
さくらえみにハマってしまったようだ。
恐るべし”女猪木”。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-23 22:11 | プロレス・その他 | Comments(0)
本日の「19時女子プロレス」は、
6人タッグマッチ 15分1本勝負  
 帯広さやか志田光藤本つかさ
       VS
  真琴しもうま和美星ハム子

試合結果は、マッスル帯ーナス組の勝ち。
 帯広さやか○ VS ×星ハム子
 (12分29秒、エビ固め?
   丸め込む→エビ固め;公式発表)

帯広代表、19時女子プロレス初フォール勝ち!!
おめでとーう!!

明日は後楽園だ。観に行ける人が羨ましいぞ、おー!


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-22 19:56 | プロレス・その他 | Comments(0)
今日の午後、急遽「さくらえみの部屋」が
ネット中継された。

その生中継中に、なんとご両親に生電話で
坊主になった経緯を報告!

詳細はこちらのアーカイブで。

何かドキドキして、最後は爆笑してしまった。
元川一家は、楽しい人々の集まりのようだ。

9/23後楽園ホールが満員になることを祈る!
カードはこちら


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-21 18:21 | プロレス・その他 | Comments(0)

母の友10月号

母の友10月号(689号)』が出ています。
今回の「絵本作家のアトリエ」は山口マオさんです。

山口マオさんと言えば、『わにわにのおふろ』など
”わにわに”シリーズが有名です。
手間のかかる版画が、いい味だしています。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ   人気blogランキングへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-21 07:12 | 絵本 | Comments(0)
昨夜、JWPの新宿FACE大会が行われた。
結果詳細はこちら;JWP公式HP

メインのタイトルマッチ、勝者米山香織
負けたさくらえみは、坊主に・・・。
(本人のtwitterより;@sakuraemiナノイーなう。
また描きなおせばいいさ。明日は明日の風がふく。
おやすみー http://twitpic.com/2q1awt

女性プロレスライター;三田佐代子さんの
コラムを読んで涙が出た。(こちら

さくらえみ、凄すぎる!


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-20 09:28 | プロレス・その他 | Comments(0)
9/17にドラゲー後楽園ホール大会が行われた。
結果詳細はこちら;バトル・ニュース

ついに、谷やんが動いた!
大方の予想通り、DDと合流。

10/13の後楽園大会でW-1とDDの間で、
敗戦ユニット解散マッチが決定!

さあ、どうなる???

*ドラゲーNEWS [2981] より
 ☆10月13日(水)東京・後楽園ホール
 【敗戦ユニット解散マッチ】
 《WORLD-1》    《ディープドランカーズ》
  B×Bハルク     Kzy
  土井成樹   VS  谷嵜なおき
  吉野正人       神田裕之
 【オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合】
 《王者組》     《挑戦者組》
  堀口元気      サイバー・コング
  Gamma VS  YAMATO
  CIMA      鷹木信悟
 【裏・暴走十番勝負
 “ハリウッド”ストーカー市川 VS 菊地毅
 ※9・17後楽園ホール大会。WORLD-1に反旗を翻した
 谷嵜なおきは、メインイベントのツインゲート統一タッグ
 選手権試合をぶち壊した挙句にディープドランカーズへ加入。
 怒り心頭のWORLD-1は、「敗戦ユニット解散マッチ」での
 決着を突きつけた。
 またこの日、YAMATOが堀口元気に連敗を喫し、サイバー
 ・コングがCIMAを撃破したことにより、WARRIORSと
 KAMIKAZEの因縁が再燃。これにより、両軍によるトライ
 アングルゲート王座を賭けての激突が決定。
 またドラゲーマットに旋風を巻き起こす!? 菊地毅に
 “ハリウッド”ストーカー市川が宣戦布告。
 両者による一騎打ちは“裏・暴走十番勝負”と銘打って
 行われることに。


にほんブログ村 格闘技ブログへ   にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
[PR]
by ts-1863 | 2010-09-19 11:56 | プロレス・ドラゲー | Comments(0)