プロレス(最近はドラゲーがメイン)・K-1・総合格闘技 & 絵本について思う事


by ts-1863
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
藤波辰巳がニューヨークのMSGでジュニアヘビー級のベルトを奪取して、日本に凱旋帰国した。色白で、無駄な所のない引き締まった筋肉、試合後の汗をかいた顔はブルース・リーのように見えた。ドラゴンロケットにドラゴンスープレックス。ミル・マスカラスとはひと味違ったニューヒーローに、すっかりはまってしまった。土曜の夜8時から、金曜の夜8時へと僕のプロレスタイムは移行していったのだ。
[PR]
# by ts-1863 | 2004-06-30 07:56 | プロレス黄金時代 | Comments(0)

プロレスとの出会い

世界最強タッグリーグ戦決勝、ザ・ファンフスvsブッチャー/シーク戦から僕のプロレス好きは始まった。フォークでめった刺しにされるテリー・ファンク。
極悪コンビにぼこぼこにされていたドリーを、包帯で腕をグルグル巻きにした
テリーが助けに入り、最後は逆転優勝!小学生の時にTVにかじりついて観ていたものだが、強烈に僕の記憶に残っている。今も『スピニング・トーホールド』や『吹けよ風、呼べよ嵐』を聴くと、鳥肌が立つ。
もう1曲『スカイ・ハイ』も鳥肌ものだ。体格の小さな僕は、ミル・マスカラスの空中殺法に魅せられた。ドス・カラスとの編隊飛行は忘れられない。
こうして僕のプロレス大好き人生は、土曜の夜8時の全日本プロレスとともに始まった。その頃、新日本プロレスでは、猪木がルスカと対戦していたが、まだ、僕には興味が無かった。
[PR]
# by ts-1863 | 2004-06-29 16:01 | プロレス黄金時代 | Comments(1)